ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star

携帯電話のメールをモチーフに、宇宙に旅立った少女と地球に残った少年の遠距離恋愛を描く。『ほしのこえ』は、新海誠監督の短編アニメーション映画。2002年2月2日公開。キャッチコピーは、「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」。

 ・ amazon : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ amazon prime : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ Hulu : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ U-NEXT : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ NetFlix : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ dTV : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ GYAO : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star
 ・ Youtube : ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Star

ほしのこえ (2002) / Voices of a Distant Starのあらすじ

2039年、NASAの調査隊が火星のタルシス台地で異星文明の遺跡を発見し、突然現れた地球外知的生命体タルシアンに全滅させられた。この出来事に衝撃を受けた人類は、遺跡から回収したタルシアンのテクノロジーで、タルシアンの脅威に対抗しようとしていた。

2046年、中学3年生の長峰ミカコと寺尾ノボルは互いにほのかな恋心を抱き、同じ高校への進学を望んでいたが、実はミカコは国連宇宙軍のタルシアン調査隊――リシテア艦隊に選抜されていた。翌2047年、4隻の最新鋭戦艦と1000人以上の選抜メンバーからなるリシテア艦隊は地球を離れ、深宇宙に旅立つ。離れ離れになったミカコとノボルは超長距離メールサービスで連絡を取り合うが、艦隊が地球から遠ざかるにつれて、メールの往復にかかる時間も数日、数週間と開いていく。地球に残ったノボルは、次第に大きくなるミカコとのずれにいらだちをつのらせる。

タルシアンの痕跡が見つからないまま半年が経ち、艦隊は冥王星軌道に接近する。ミカコは「このまま何も見つからないで、早く地球に帰れるのがいちばんいい」とノボルへのメールに心情を吐露する。しかしタルシアンが出現し、戦端が開かれる。ミカコも人型機動兵器トレーサーに搭乗して戦闘に加わるが、艦隊は増援のタルシアンから逃れるため、ハイパー・ドライブで1光年先にワープする。ミカコとノボルは瞬時に一年もずれてしまった。さらに、落胆するミカコは艦隊司令部からの通信を聞く。艦隊はこれよりヘリオスフィア・ショートカット・アンカーを経由し、シリウスα・β星系にワープする。飛翔距離は8.6光年。帰りのショートカット・アンカーは見つかっていない。

シリウス星系に到着した艦隊は、第四惑星アガルタにトレーサー部隊を降下させる。ミカコはアガルタに降り立つと、携帯電話を手にとり、8光年彼方のノボルに届く保証のないメールを打つ。 「24歳になったノボルくん、こんにちは! 私は15歳のミカコだよ。ね、わたしはいまでもノボルくんのこと、すごくすごく好きだよ」

やがてアガルタ各地にタルシアンが出現し、戦闘が始まる。周回軌道上の艦隊にもタルシアンの群体が接近している。ミカコはトレーサーで周回軌道に急行するが、艦隊は次々に轟沈し、旗艦リシテアにも大型のタルシアンが迫る。リシテアを守るため、ミカコは大型のタルシアンと対峙し、捨て身の攻撃でこれを撃破する。

8年半後の2056年、24歳のノボルは、15歳のミカコからのメールを受け取る。メールの本文はノイズにまみれていたが、ノボルにはミカコの伝えたかったことがわかっていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 雲のむこう、約束の場所 (2004) / The Place Promised in Our Early Days

  2. 秒速5センチメートル (2007) / 5 Centimeters per Second

  3. 100MakotoShinkai.com

  4. 天気の子 (2019) : Weathering With You

  5. 星を追う子ども (2011) / Children Who Chase Lost Voices

  6. 言の葉の庭 (2013) / The Garden of Words

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。